kigyou-yasumu
マインド 起業の方法

起業をやめる?疲れたら読んでね。休む自分を優しく許す

kigyou-yasumu

先日、起業コース12期のメンバー専用のFacebookグループで、

私が過去に配信したメルマガの内容を読んで、励まされたという投稿がありました。

 

昨年10月に配信したメルマガで、「休む自分を優しく許す」というタイトルでした。

 

今回は、その時のメルマガをもとに書いてます。

 

休む自分を許せなかったんだなあ

私自身、生真面目で休むのが下手で、いつも力いっぱい頑張って踏ん張ってた過去がありました。

「ツライ」「何か違う」という心の声に対してどうすればいいのか、サッパリ分かりませんでした。

「休みたくても休めないよ。だって、私が頑張らないと誰が頑張るの?」

って。

 

いや~心がカチコチでしたね、私。

自分、不器用っす。

 

休む自分、いいじゃん。

今は、休むのって仕事の一つでしょ、
休むって大事だなあって、 しみじみ思います。

起業前後の女性から、休むことに関して、同じようなお悩み相談を良く頂きます。 

「ONとOFFの切り替えが うまくできないんです」

「ワクワクしたいのに、 最近疲れて気持ちがついていかないんです」

という行き詰まり感を感じているというお悩みです。

このお悩みは、 一生懸命やっている人が遭遇しやすいのです。

起業準備や起業直後は、 がむしゃらだったりして、
いつも以上に頑張って 動き回っていたけど、

ふとある日、
「あれ?ワクワクしない・・・」
「なんか疲れちゃった・・・」

ということがあります。

疲れると、
アイディアがでない、 やる気がでない、楽しくない。

私も起業二年目にそうなりました。

「しなくちゃ」という思考に頭が占められていたのです。

お客様に応えたいと思うほど、 「~しないと・・・!」
と、いつも何かに 追われているような感覚でした。

 

疲れても休まない・・・?

私は、動物占いで 「全力疾走のチーター」らしく、
全力120%で走るのがマイペースです。 

短距離は全力疾走で得意だけど、
その半面、長距離の持久戦は苦手というタイプそのもので、

学生時代から、 一つのことをやり遂げるまでは頑張るのだけど、
終わったとたん熱を出して、 強制的にお休み、という流れが
私の王道パターンでした。

このパターン、
事業をやっていくのには明らかに不向き・・・ 

事業って継続が一番大事です。

起業して自分の想いをカタチにできたら、
そのカタチを継続していきたい、

自分の事業で、 お客様を笑顔にし続けたい、

そう思いますよね。

だから、私は自分のその良くない王道パターンを
意識的に変えました。

 

疲れたら休む、これ基本。

女性のスモールビジネスの場合、
継続できなくなる原因は、 資金がなくなったからというより、
本人のメンタルが続かなくなったからということが多いです。

事業主のメンタルが事業に直結する場合、
気持ち波を減らし、 常に一定以上の状態を保つことが
事業継続には必要になります。

ということは、
心身が健やかであることが大前提ですね。

心身が疲れ果てる前に、休む!
これ基本です。

休むことを自分に落とし込む

そうは言っても、
休むことに罪悪感や不安を 感じて休めない気持ちになったり、
することもあります。

そんな時こそ、休む自分を優しく許してくださいね。

休む自分はダメじゃないです。

思い切って一度休む、という経験を自分に落とし込んでみてください。

休んでも起き上がることが できることを経験すると
休んでもいいんだ、 と心から思えるようになります。

大丈夫。

沸々と沸き起こる気持ちで起業したなら、
しっかり休まった後は、その気持ちが再び沸き起こってきますから。

そうなる自分を信じてリフレッシュしましょう。

『考える⇒動く⇒休む 』
というパターンが、 自分なりのペースで出来るといいですよね。

休む自分が良い仕事をする

そうそう、伸びない人の共通点の一つに
ムラがあることが挙げられます。

ムラがなく、
「あの人だったらいつも大丈夫」と
思われることが信用に繋がります。

信用第一の事業をしていきたいですね。