日曜日のクッキー2
法律のこと 起業の前に 起業の方法 なでし子さん その他

商品のネーミング。

先週木曜日、なでしこスクール起業コース12期の第6回目の講義の日でした。

毎回、みっちりと行うので、休憩のランチタイムはほっと一息となる時間です。

12期のメンバーで、こだわりのお総菜屋さんで起業したいNさんが、

試作メニューを作って持ってきてくださいました。

大豆ミート唐揚げ、北海道産ジャガイモのコロッケ
大豆ミート唐揚げ、北海道産ジャガイモのコロッケ

ベジタリアンもヴィーガンの方もOKな身体に優しいお惣菜のお店を考えているNさん。

唐揚げもコロッケも美味しくペロリとみんなでランチに頂きながら、

売り出し方や、ネーミングについてワイワイ話が盛り上がりました。

いろいろなアイデアがでるのは面白いですね。

 

上手い旨い、商品のネーミング

その時の雑談で、私お気に入りのネーミングが面白いお店の話をしました。

日曜日のクッキー」というクッキーのお店で、札幌にあります。

クッキー好きの私のためにと、20代の可愛いなでし子さんMちゃんが以前プレゼントしてくれたのをきっかけに知ったお店です。

日曜日のクッキー

かわいらしいデザインのパッケージ。

 

日曜日のクッキー

メニュー表。

 

この「日曜日のクッキー」の商品のクッキーのネーミングが印象的なんです。

例えば、

「早起きフレッシュ」

「どや顔ガトーショコラ」

「ドンマイ宇治金時」

「さみしがりやのストロベリー」とか。

これ、全部クッキーの名前です。

 

店名の「日曜日のクッキー」について話をすると、

100%の確率で「なになに?」と話題になります。

 

店名&商品名が話題作り&口コミ作りに一役買っているのは確実です。

 

美味しくて、可愛くて、面白い。

オーナーさんの想いが感じられます。

すごく好きですこういうお店。

 

商品のネーミングセンスを磨く

起業して屋号や会社名を決める時、思い入れがあって「あーでもない、こーでもない」って頭を悩ませますよね。

起業後も、新しい商品やサービスを作る時にネーミングする時も同じで悩みます。

 

事業をしていると自分の想いや商品・サービスのことを伝える場面が日常です。

少しでもネーミングセンスは磨くしかないのです。

 

そこで、すぐできるオススメのネーミングセンスアップの方法をご紹介します。

 

ネーミングセンスアップ その1

対象となるお客様が好む雑誌を選んで買ってきます。

熟読します。

特に目次や見出しで、気になるものはノートに書き出します。

 

プロが作っている雑誌です。

ありがたい素晴らしいキーワードがたくさん載っているのです。

その雑誌と正反対の読者層をターゲットにしてる雑誌と見比べながら、読むとより分かりやすいのでおススメです。

 

ネーミングセンスアップ その2

雑誌以外だと、「伝え方が9割」という本がとても分かりやすくて使いやすくて気に入ってます。

 

ネーミングセンスアップについてですが、伝える力の総合力アップに繋がります。

是非お試しくださいね。

 

商品ネーミングの注意点

商品ネーミング 真似しないために

1.ネット検索

ネットで自分の使いたいワードを検索して、上位表示されているものはないかチェックします。商標権等の法律で引っかからない場合でも、ネットで自分が上位表示されにくいことが明らかな場合、機会損失を招く可能性があります。

 

2.ドメイン検索

.com .jp.net等色々なパターンでドメインが他に使われていないかチェックしましょう。

例えば、↓下記のようなドメイン取得サイトでチェックができます。

 

3.商標登録されていないか

特許情報プラットフォームというサイトで、商標(特許・実用新案、意匠も)について、簡易検索でチェックができます。

商標登録されているワードを、ネーミングで使ってしまったら商標権侵害となります。

また、商標登録がされていない場合でも、不正競争防止法違反となる可能性がありますので、注意が必要です。

 

4.海外への展開もある場合

展開する国の言葉や慣習をチェック。日本人的感覚ではおかしい場合もあるので、その国の文化も知っている人に確認する。

 

商品ネーミング 真似されないために

他の人に真似されたくないネーミング。

ネーミングを権利として守ることができるのが商標権です。

費用がかかるので、費用対効果を考えて有効なら検討してみてはいかがでしょうか。

商標権を含む知的財産権についての専門家は弁理士さんです。

日本弁理士会によると各地で無料相談会が行われているとのこと↓
日本弁理士会HP「無料相談のご案内」

まずは相談してみたいという方にピッタリですね。

 

 

 

ネーミングで面白いな~って思うネタがあったらまたブログネタにします。

ではでは。